HOME > もっと教えて!フォーラム > この特集にひとこと > 回答・コメントする(No.11199)

もっと教えて!フォーラム
回答・コメントする(No.11199)

投票
特集「総合建設業」はいかがでしたか?
9
4
1
1
0
総投票数: 15 投票にはログインが必要です

いつも、子どもたちの疑問にお答えいただき誠にありがとうございます。
13hw編集部より、ご回答くださる際のポリシーに関するお願いです。
 
  • 回答は、基本的には、その職業の方(または経験者、相応の知識を有する方など)にお願いしております。
    しかしながら、なかなか回答のつかない質問もあります。
    投稿されてから2週間経っても回答がつかない質問に関しましては、職業などに関係なく、ご回答のご協力をお願いしたいと考えております。
  •  
  • 白書の皆様におかれましては、貴重な時間を割き、子どもたちの質問に丁寧にお答えくださったり、叱咤激励してくださって誠に感謝しております。
    このようなお願いをするのは大変恐縮なのですが、勇気を出してこのサイトに質問を投稿してくれた子ども達に、よりよい情報を提供したいと考える当サイトの運営ポリシーをご理解・ご了承いただけますと幸いです。

もっと教えて!フォーラム 質問 この特集にひとこと「生活空間と街をつくる - 総合建設業の仕事」

2012/10/29 08:03  編集部

[Q] 特集についてのご意見・ご感想、またはこの特集に関する情報など、自由に書き込んでください。

みんなの参考になる書き込みについては、特集ページにて紹介させていただきます。

=> 特集「生活空間と街をつくる - 総合建設業の仕事」はこちら

[A.12]

総合建設業とは私たちの生活を陰で支えてくれて、より豊かにしてくれていると感じました。
普段何も考えずに利用している施設にどれだけの人が関わっていたのかなど考えたことなどあまりなかったのでこれからわ利用するものに対して感謝の気持ちを忘れず暮らしていこうと思いました。
総合建設業といっても様々な業種があり、それぞれがチームとなって一つの大きなものを作り上げていると考えると人と人とのかかわり方や一人の責任も大きくなっていくのではないかと感じました。その分、ひとつのプロジェクトを終えるとやりがいや達成感も強く感じるのではないかと思いました。


[A.11]

地図に残る仕事をという趣旨のCMもありますが、やはり建物を作る仕事もかっこいいなと純粋に思います。総合建設業の中にもいくつも分野があって、それぞれの魅力と責任があることもよくわかりました。多くの人や会社が協力して一つの大きい建物ができあがる・・・その一端を担うにはやっぱりそれ相応の時間も必要ですよね。


[A.10]

規模が大きいものを作れるのは確かに気持ちがいいと思う


2016/02/08 01:29  編集部
[A.9]

むーさんさん、投稿ありがとうございます。
質問の内容について、日本建設業連合会から下記のような回答をいただきました。

--- 回答内容 ---
建物の性格(用途)や建てる敷地、延床面積、建築面積、規模、工法、休日など条件によってかなりまちまちです。

特に、計画というと3カ月でまとまるものもあれば、一度頓挫し紆余曲折を経て計画が10年後に動き出すものとで、かかる時間が違うのです。

一例としてですが、延床面積1,500㎡、地上5階・地下1階建てのオフィスビル1棟を建てるとして、おおよそ10カ月といったところです。


[A.8]

総合建設業は、私たちの生活で必要な道路や建物などをつくる仕事だと分かり、とても身近に感じました。
いろんな種類の仕事を、その道のプロを束ねながら進めるという重要な役割なのですね。
また、建てるだけでなく、災害の復旧にも携わっていることを初めて知りました。

建物によって違うと思いますが、例えば1つのビルやマンションを建てるという計画から完成までは、どのくらいの年月がかかるのでしょうか?


2014/01/19 11:28  そらさん[小学生・女]
[A.7]

いろんな人が協力してやってるんだなと 
思いました
次は美容の事についても
特集してほしい


[A.6]

生活空間の重要な要素である建築物をつくる流れがよくわかりました。理系だけでなく、文系の方も営業などに関わってくるということを知り、様々な分野がまちづくりには必要になるのだと思いました。中高生にもっとわかりやすく知ってもらうためには流れをイラスト付の図で示したほうがよいのではと感じました。


[A.5]

総合建設業についてあまりしかっりしたイメージがなく、どんな仕事なのかはっきり輪からませんでしたが、どんな仕事があってどんなものを作っているのかが写真つきで載っていたのでとても分かりやすかったです。また、それぞれの職業の働いている人の意見が掲載されていてよく分かりました。総合建設業の仕事につくのに必要な資格や、大学の出身学部・学科と配属される主な部門が載っていて総合建設業を目指している人にとても役立つと思いました。


[A.4]

お寺や神社などは宮大工の方が建築されていると思います。
その建築技術は国から「選定保存技術」に指定されているようです。
宮大工は修行が厳しいらしく、高齢化も進み人数も減少傾向にあるようですが、
貴重な文化財を残していくためにも、宮大工を目指す若い方が少しでも増えてくれること期待しています。


[A.3]

「総合建設業」ときいてもあまりイメージが思い浮かばなかったのですが、今回のサイトを見てイメージがなんとなくわきました。
マンションやビルを建てる仕事ばかりかと思っていたのですが、歴史建造物の修復や環境開発など幅広い業務をおこなっていたんですね。知りませんでした。
あと、「総合建設業」といっても、営業や設計開発はなんとなくイメージがついていたのですが、研究開発のグループまであるとは・・。施工管理も、新興国ばかりだと思っていたのですが、先進国も意外とあるのですね。
参考になりました。ありがとうございました。


[A.2]

総合建設業は大工さんとほぼ同じかと思っていたけど、大規模で高い技術が必要とわかりました。それにその仕事をしている人ではなくプロを集めてそのプロたちが仕事をして、自分はチームをまとめるという大切な仕事なんだなと思いました。
生活や日常生活などに必要な鉄道、トンネル、道路や、学校、工場、病院なども全部総合建設業の人がやっていることがわかりました。
総合建設業のことがよくわかりました。


[A.1]

ゼネコンの一通りの流れは見る人にはわかりやすいですが
子供達には身近な土木構造物・建築物の一連の発注から維持管理などの
肌で感じられるものの方がよいとおもいます。
確かに、悪くはないのですがあまりには土木関係者から見ても13歳のハロワにしては
密着感がないという感じに捉えました