HOME > もっと教えて!フォーラム > 自分の感性を追求「ゲーム・アート・デザイン」の仕事 > 回答・コメントする(No.5972)

もっと教えて!フォーラム
回答・コメントする(No.5972)

いつも、子どもたちの疑問にお答えいただき誠にありがとうございます。
13hw編集部より、ご回答くださる際のポリシーに関するお願いです。
 
  • 回答は、基本的には、その職業の方(または経験者、相応の知識を有する方など)にお願いしております。
    しかしながら、なかなか回答のつかない質問もあります。
    投稿されてから2週間経っても回答がつかない質問に関しましては、職業などに関係なく、ご回答のご協力をお願いしたいと考えております。
  •  
  • 白書の皆様におかれましては、貴重な時間を割き、子どもたちの質問に丁寧にお答えくださったり、叱咤激励してくださって誠に感謝しております。
    このようなお願いをするのは大変恐縮なのですが、勇気を出してこのサイトに質問を投稿してくれた子ども達に、よりよい情報を提供したいと考える当サイトの運営ポリシーをご理解・ご了承いただけますと幸いです。

もっと教えて!フォーラム 質問 絵本にまつわるお仕事には、どのようなものがありますか?

[Q] 私は、絵本にまつわるお仕事をするのが夢です!
絵本に関わる仕事というのは幅広いと思うので、もしも、仕事としての絵本への色々な関わり方をご存知の方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えていただきたいと思います。

今、私は、情けないながら
●絵本作家になる
●出版社へ就職
●絵本屋のスタッフになる
くらいしか思いついていない状態です。

私は、教育に関わって生きていきたいと思っています。
これは、これからも揺るがない想いだと思っています。
また、私は美術の大学に通っています。
美術は、心の無意識の部分にまで働きかけることのできる、とても力のある、魅力的なものだと思っています。

その想いから、絵本で教育に関わっていく生き方が、私にとって理想です。
絵本で教育に関わることのできる道、職業、方法、などをご存知の方、ぜひ教えてください!
お願いいたします!

[A.2]

KAZUYANさん、回答をいただき、どうもありがとうございます!!

わかりやすく、とても丁寧にご意見をくださって、本当に嬉しいです。
ありがとうございます!

絵本に関わるお仕事には、関わり方によって、絵本や童話の評論家、絵本研究家や絵本作家さんのアシスタント、販売という切り口で書籍を扱う仕事…など、様々に考えられるのですね!
絵本専門の書店も、調べてみると実際にあることもわかりました!

また、教育に重点をおくならば、教員として授業に絵本を使ったり、保母さんになって子供たちに絵本を読み聞かせたり、図書館に勤務したり…ということで、こちらも、魅力を感じる関わり方です。
こちらも調べてみると、絵本専門の図書館も存在するようです…!

様々な切り口からの関わり方があるとわかり、とても嬉しいです。

そしてなにより、KAZUYANさんがおっしゃった、
”絵本と教育、どちらに対するウエイトが大きいのでしょうか? ”
という言葉をいただいたのが大きく、改めて自分を見つめ直そうと思いました。
今までは、絵本と教育それぞれのウエイトについては考えていませんでした。
どちらへの関わり方も広く考えて、その一部に自分が加われたら、と思っていました。

でも、よく考えてみると、現時点の自分は教育への想いのウエイトが大きいように思います。
これに気づけてよかったです。
ありがとうございました!
この想いが生かせる関わり方を、大学の就職情報もきちんとチェックしながら、もっとこれからも考えていこうと思います!

”理想を持って、それを追い続けるのは良いことです。夢に向かってがんばって下さいね!”
と言っていただけて、とても嬉しいです!
頑張ります!
ありがとうございました!


[A.1]

ほたるさん、初めまして。ほたるさんは絵本と教育に携わっていきたいんですね?

私の仕事はイラストレーターですが、携帯サイトに絵本を掲載したりしていますので、そのような観点からの意見を書いてみることにします。

まずは絵本に関わる仕事ですが、これはほたるさんが挙げているもので、大まかには網羅されているように思います。この他にあるとすれば直接的ではないかも知れませんが、絵本や童話の評論家とか、そういうものが存在するかどうか分かりませんが、絵本研究家や絵本作家さんのアシスタントみたいなものくらいでしょう。

次に、絵本で教育に関わる仕事ということについてですが、ほたるさんは絵本と教育、2つの夢を持っていて、現在は美術系の大学で勉強されているんですよね?
そこで質問なんですが、ほたるさんの中では絵本と教育、どちらに対するウエイトが大きいのでしょうか?

例えば絵本を主体に考えるならば、ほたるさんのいうように絵本作家デビューを目指し、色々な作品を発表するのも良いでしょうし、出版社に入って様々な作家さんの出した絵本に触れるのも有りだと思います。また、販売という切り口で書籍を扱う仕事も部分的には絵本と関係の持てる世界です。絵本専門の書店があるかどうかは知りませんが。

ただ、これらの仕事に教育分野と接点があったとしても、それは一時的あるいは部分的なものだと考えられますので、その点をほたるさんが納得できるのであれば目標にする価値があると思います。

そして、教育に重点を置くということであれば教員の資格を取って教壇に立ち、授業に使う教材として絵本を使ったり、保母さんになって子供たちに絵本を読み聞かせたりすることでも2つの分野と関わりが持てると思いますし、厳密に言えば教育とは違うかも知れませんが、図書館などに勤務することや絵本を集めた施設に就職ということでも来館者への説明役や解説者として活躍する機会がないとは言えません。

しかし、いずれの場合もウエイトはどちらかに偏っていますので、両方とバランスよく関係しているとは言い難い部分があるように思えます。つまり、どちらを本業にするのかということになります。

単純に絵本や教育に関われる仕事ということならば、それなりに選択肢はあると考えられますので、より理想に近い形のものを探すのが良いでしょう。また、大学ですと求職の情報なども集まってくるはずですので、こまめに目を通すことも大事だと思いますよ。

理想を持って、それを追い続けるのは良いことです。夢に向かってがんばって下さいね!