HOME > もっと教えて!フォーラム > 動物から虫まで「生き物」に関わる仕事 > 回答・コメントする(No.10797)

もっと教えて!フォーラム
回答・コメントする(No.10797)

いつも、子どもたちの疑問にお答えいただき誠にありがとうございます。
13hw編集部より、ご回答くださる際のポリシーに関するお願いです。
 
  • 回答は、基本的には、その職業の方(または経験者、相応の知識を有する方など)にお願いしております。
    しかしながら、なかなか回答のつかない質問もあります。
    投稿されてから2週間経っても回答がつかない質問に関しましては、職業などに関係なく、ご回答のご協力をお願いしたいと考えております。
  •  
  • 白書の皆様におかれましては、貴重な時間を割き、子どもたちの質問に丁寧にお答えくださったり、叱咤激励してくださって誠に感謝しております。
    このようなお願いをするのは大変恐縮なのですが、勇気を出してこのサイトに質問を投稿してくれた子ども達に、よりよい情報を提供したいと考える当サイトの運営ポリシーをご理解・ご了承いただけますと幸いです。

もっと教えて!フォーラム 質問 動物にかかわる仕事の世界

2012/04/20 14:09  未愛さん[高校生・女]

[Q] 失礼いたします。
私は今高校生になり立てなのですが

とても迷っています

進路なのですが
私は動物がとても好きです
ペットを飼って初めて命の重さに気づき愛し
本当に動物にお世話になりここまで来ました


なので動物たちがこの世界で生きる人間なりの手助けがしたいのです。

近年動物の扱いはとても大切にされているように見えて
裏では今の不景気らしくひどい扱いを受けている動物たちもいます
人間たちにいいように利用され
命をもて遊ばれ、そんな動物たちを守る大人になりたいのです

少しでも動物たちの手助けになればそれでよいのです



綺麗ごとかもしれませんが当たり前のことです。

ただ獣医はあきらめています
まず、自分は馬鹿です後、愛鳥をなくしたときの影響で獣医にはなれない簡単にはかたずけられない気持ちがあります

今は看護師になろうか少し迷っております
でも、手術の立ち会いなどのことをできる自信がありません
やはり血や、怪我などになれたり

動物学校にいって練習のために動物を殺すということでなかなか決心がつきません


今、大人になって働いてる方でもこんな気持ちになったことはありませんか?
動物関係の仕事についていなくても
なにかアドバイスをくれると嬉しいです


長々と失礼いたしました

[A.5]

子供です。私も獣医になるのはやめようかなと思ったことがありました。
自分が獣医になるためにたくさんの動物を殺さなくてはならないからです。
そこで私が注目したのは海外の獣医学部がある大学です。
私の場合はオーストラリアの大学ですが、オーストラリアやイギリスなどなどの大学では代替法(動物実験を行わないので動物をあまり殺さない)が行われています。
それなら私でも入りたいと思えました。
それに海外の大学(オーストラリアやイギリスなどなどの大学)日本の大学よりも獣医学が発展していますので助けられる動物も多くなります。もちろん日本よりも獣医学が遅れているところもありますよ。
お役に経てば幸いです。


2012/04/25 09:26  未愛さん[高校生・女]
[A.4]

文太くんさん
お答えありがとうございます

とてもためになるお答えありがとうございます


人間と家畜は共存していると思います。
家畜はこの世界の生存競争において人間に力を借りています
そのおかげで絶滅の危機からも安全に残っております

別に家畜にはこうゆう考えをもっていきています
けして感謝を忘れているわけではいませんが。



文太さんは正しいことだと思います
文太さんのお答えも参考にさせていただきます

ありがとうございます。


2012/04/25 08:18  未愛さん[高校生・女]
[A.3]

ケンケンさんありがとうございます。

とても参考になりました
大人から意見をもらえてとても参考になります。

できることと、できないことですね
まだ大人になるまでに少し時間が残っているのでよく考えてみます


ありがとうございました。


[A.2]

未愛さん、はじめまして文太くんと言います。

血を見たり、怪我になれたり、動物たちを殺すことはとても辛いことです。
しかし、私はそのような行為を職業にしているプロのハンターです。

生きものの命を奪うことをしますが、守ることもします。
ちがう言い方をすれば、「自然を守るもために、生きものの命を奪っています」。

私たちが日頃から口にしている牛肉や豚肉、鶏肉なども生きていたウシ、ブタ、ニワトリたちで、誰かが絞めて(殺すこと)誰かが放血をして精肉してくれるから、美味しい料理になって食卓に上ることを知って下さい。
人間は、生きものの命をいただいて生きています。

ケンケンさんの言葉を借りれば、できること、できないだと思います。
私は、できます。けれど、最初は辛かったです。。。
いや、今でも辛い時があります。

そんな時、どうするか。。。
これは、私のお師匠さんの言葉ですが、「心で理解せず、頭で理解する」ようにしています。私にとって綺麗ごとですが当たり前に思っています。
生きもののいのちを奪う仕事ですから、それだけの決意を持って真剣に取り組んでいます。

未愛さんは、本当は獣医さんになりたいんですよね。
まわりのみんなより、勉強ができなくっても諦めず、少しづつで構わないから前向きにガンバってみて下さい。(血をみることも)

最後になりますが、未愛さんは自分のことを馬鹿だと言っていますが、そしたら私なんか大馬鹿ですよ。だって、中学生の最後の通知表なんか、5段階評価でオール1でしたから!
笑うしかないです。(^O^)


[A.1]

はじめまして、未愛さん。

この春、高校生になったばかりなんですね。
もう、高校生活には慣れましたか。

回答になっているか分かりませんが、
未愛さんが「できること」「できそうなこと」を考えてみたら、
いいのではないでしょうか。

未愛さんの質問を見て、私も小・中学生の頃を思い出しました。

その頃は、将来、絶対になりたくない職業ベスト3というものが私の中にありました。

1位 医者
これは、未愛さんと同じ理由で、血を見るのが嫌いだったから。
今でも、血液検査で血を採られるのも嫌ですが、
もちろん、私も医者になれるだけの「頭」もありませんでした。
2位 国鉄(古いっ)の職員
これは時代を感じさせますが、その当時、国鉄は大赤字で、
赤字の会社?でなんて、絶対に働きたくないと思っていました。
(その後、国鉄は分割民営化されてJRになりました)
小さい頃から、鉄道は好きだったんですけどね…
3位 学校の先生
これは、自分と同じような「ひねくれた生徒」を相手に教えるっていう先生の仕事は、
それはそれは大変だろうと思って、なりたくありませんでした。
何故か、今は、学校で働いてますけど…(先生ではないですが)

私は、「なりたくない」「できない」という事を考えて、
逆に、「できそうなこと」が、その後、少しずつ見えてきました。

未愛さんが、動物のことを考えて、問題意識を持っているということは、
とてもいいことだと思います。
ですから、「本気」でそのことを思っているかどうかを、
試してみたらいいのではないでしょうか。

「本気」で思っているなら、血を見ることや練習の為に動物を殺すことも、
未愛さんが考えていることを実現する為の手段でしかないので、
そういう意識を持ってできるかどうかだと思います。

そうでなければ、私のように「できないことはしない」で、
他の「できること」を考えたらいいと思いますよ。

では、これからの高校生活を、存分に楽しんで下さいね。