HOME > もっと教えて!フォーラム > お金のスペシャリスト「金融」に関わる仕事 > 回答・コメントする(No.11908)

もっと教えて!フォーラム
回答・コメントする(No.11908)

いつも、子どもたちの疑問にお答えいただき誠にありがとうございます。
13hw編集部より、ご回答くださる際のポリシーに関するお願いです。
 
  • 回答は、基本的には、その職業の方(または経験者、相応の知識を有する方など)にお願いしております。
    しかしながら、なかなか回答のつかない質問もあります。
    投稿されてから2週間経っても回答がつかない質問に関しましては、職業などに関係なく、ご回答のご協力をお願いしたいと考えております。
  •  
  • 白書の皆様におかれましては、貴重な時間を割き、子どもたちの質問に丁寧にお答えくださったり、叱咤激励してくださって誠に感謝しております。
    このようなお願いをするのは大変恐縮なのですが、勇気を出してこのサイトに質問を投稿してくれた子ども達に、よりよい情報を提供したいと考える当サイトの運営ポリシーをご理解・ご了承いただけますと幸いです。

もっと教えて!フォーラム 質問 公認会計士を目指しています。しかし悩んでいます。

[Q] 農業高校三年生です。卒業後の進路は、大原簿記情報専門学校の公認会計士コースです。

税理士として、税務代理や税務相談に乗るお仕事がしたいです。
自分のスキルアップのために、TOEICにも興味があります。
しかし、簿記の資格もまったく持っていませんし、大学の方が勉強面でも、就職面でも有利だと聞きます。
専門学校へ通って、ついていけるのか不安です。

この職業に興味が湧いたきっかけは、帳簿記入能力や、税について勉強すれば、将来役に立つと思ったからでした。
また、実家は法人として農業を営んでいて、申告書類などを税理士に手助けされながらも自力でやっている、経営者である父を純粋に尊敬しているからです。

やる気を出さなければ始まらない。悩むのは努力してからにしろ、と考えつつも、不安で勉強に身が入りません。

高校の先生は、専門的なことは分からない、とあまり相談には乗って下さいません。
どのようなご意見でも、構いません。
ご助力お願いいたします。

[A.1]

公認会計士、税理士の佐久間と申します。

 進路を大原簿記情報専門学校と決めたならあとはやるだけじゃないですか。2年制の過程とかに入れば、最初は簿記の初歩からスタートして、1年目の秋には少なくとも2級に合格、早い人は1級に合格するペースかと思います。
 もし、入ろうとする公認会計士コースが簿記が2級まで終わっている人が前提なら、今から3月スタートの簿記3級講座に通って(夜間?)、4月からの講座と並行して、2級までの力をつけないといけないですが、たぶん大丈夫ですよね、高校生が入るコースですから。

 今は、税理士になるには税理士試験を直接目指すより、公認会計士試験に合格してから税理士の試験免除を利用して税理士登録するのが流行です。その方が合格しやすいと言われています。ただし、公認会計士になるには監査をやらないといけないし、両方になっておきたいということでないならば、税理士試験を目指すべく、途中でコースを変える手もあるかもしれませんが。

 公認会計士や税理士になるための案内本も売られているので、そういうもので、試験の特性や合格までの流れを把握して、戦略を決めればよいのではないでしょうか。

 大学の方が就職が有利かどうかはわかりませんが、もう高校3年の2月ですから、いまさら大学受験するわけにもいかないでしょうから、自分の選んだ道を信じて、走りましょう。仮に公認会計士や税理士になれそうもないと思っても、日商簿記1級に合格していたら、経理方面での就職はかなり有利だと思います。