HOME > もっと教えて!フォーラム > 動物から虫まで「生き物」に関わる仕事 > 回答・コメントする(No.12660)

もっと教えて!フォーラム
回答・コメントする(No.12660)

いつも、子どもたちの疑問にお答えいただき誠にありがとうございます。
13hw編集部より、ご回答くださる際のポリシーに関するお願いです。
 
  • 回答は、基本的には、その職業の方(または経験者、相応の知識を有する方など)にお願いしております。
    しかしながら、なかなか回答のつかない質問もあります。
    投稿されてから2週間経っても回答がつかない質問に関しましては、職業などに関係なく、ご回答のご協力をお願いしたいと考えております。
  •  
  • 白書の皆様におかれましては、貴重な時間を割き、子どもたちの質問に丁寧にお答えくださったり、叱咤激励してくださって誠に感謝しております。
    このようなお願いをするのは大変恐縮なのですが、勇気を出してこのサイトに質問を投稿してくれた子ども達に、よりよい情報を提供したいと考える当サイトの運営ポリシーをご理解・ご了承いただけますと幸いです。

もっと教えて!フォーラム 質問 精神医学と心理学の違いは何ですか?

2016/11/14 09:22  banjeeさん[高校生・女]

[Q] 私は理系で、精神医学に興味があって、将来、精神医学の研究の道に進みたいと考えています。
精神医学は、医学部の中でも、文系に近い印象があり、心理学と非常に近いものだと感じています。精神医学は(薬を使ったりと)心理学よりも科学的な知見からアプローチをするというのは漠然とわかっているのですが、具体的にどのような違いがあるのでしょうか。

精神医学と心理学の研究の違い

精神科医と臨床心理士等の違い

この2つを中心に教えてください。

2017/01/10 13:29  banjeeさん[高校生・女]
[A.4]

ご回答ありがとうございます。インターネット等で調べてみてもわからなかったので、ご丁寧に教えていただき、本当に感謝しております。

精神医学では、こころと身体の関係についての研究ができると思っていたのですが、
やはり「医学」とつくからには、精神疾患の治療法を開発することが主な研究内容ということなのでしょうか。

何度も申し訳御座いませんが、よろしくお願い致します。


2017/01/08 00:58  耕介さん[医師]
[A.3]

精神医学の研究には様々なものがあり、とても全部は紹介できませんが、代表的なカテゴリーをいくつか紹介しておきます。ご参考になれば幸いです。

①疫学的な切り口の研究
 統計の手法を使って、疾病の発生原因やリスク、薬の種類や量による改善効果の有無などを解析するもの
②動物実験による実証的な切り口の研究
 マウス、ラット等の実験動物を使い、例えばストレスモデルと模した環境下でのストレス刺激の回避行動観察、ホルモン分泌変化、脳の特定部分の形態や体積の変化を調べたりして精神病の発生や進行、治療経過に関する仮説を構築したり検証したりするもの
③症例報告による研究
 いくつかの疾病が合併した症例、難治症例、典型的な経過から逸脱した経過をたどった症例、標準的な治療ではなく特異な治療が奏功した症例などを紹介し合って知見を深め治療の幅を広げていくような、実臨床に根ざした経験ベースの研究
④海外事情や法律制度の研究
 諸外国の精神科疾患への社会的な対応の枠組み(法律、制度、施設など)を研究し、日本の制度構築の参考にしようとするもの
 ※司法精神医学と密接な関連があります。(日本なら心神喪失者等医療観察法の範疇や医療刑務所などが関連します。)
⑤精神医学の歴史の研究
 日本なら明治時代の呉秀三以来、精神医療が発展してきた歴史があり、それを振り返り資料を整理保存することで後世の資とするもの


2017/01/07 05:13  banjeeさん[高校生・女]
[A.2]

よくわかりました。ご丁寧にありがとうございます。

ちなみに、精神医学の研究はどのような研究があるのかわかりますか?主な研究方法も教えていただけますか?


2017/01/07 02:43  耕介さん[医師]
[A.1]

精神医学は精神疾患に関する研究や治療を行う「精神疾患に関する医学領域の学問」です。精神科医は心理療法など臨床心理士が行う分野を含め、心理療法、薬物療法などあらゆる手法やツールを使って「医療行為」ができるので、精神疾患(統合失調症、癲癇、(躁鬱病などの)気分障害、認知症、薬物依存など)の治療が主業務になります。精神科医になりたければ、当然に、医学部を卒業して医師国家試験に合格する必要があります。就職先は精神科の病院などです。
一方、心理学は心理に特化した学問分野であり、学問領域としては精神医学とごく一部は重なり合っています。なお、「臨床心理士」資格は国家資格ではなく、民間団体が認定した私的資格にすぎませんから法律上の名称独占や業務独占はありませんし、医療行為に踏み込むと厳密に言えば医師法違反で処罰の対象になります。しかし心理学の教育を大学院を含め6年間受けた上で試験に合格しないと取れませんので、世間一般にはそれなりの重みがある民間資格として一定の評価を受けています。(なおこの分野の新しい国家資格として、「公認心理師」資格が今後運用開始となることが既に法律で正式に定まっています。)ただ医師ではないので、医療行為に該当しない範囲の心理検査や相談受け、助言などが業務の主体になり、投薬治療などは当然できません。医療行為でないカウンセリングが主な守備範囲です。主な就職先は、地方公共団体の福祉担当の公務員や、学校や企業のカウンセラー職員、NPO法人などですね。