HOME > もっと教えて!フォーラム > 人と社会の幸せを考える「公務員」の仕事 > 回答・コメントする(No.12827)

もっと教えて!フォーラム
回答・コメントする(No.12827)

いつも、子どもたちの疑問にお答えいただき誠にありがとうございます。
13hw編集部より、ご回答くださる際のポリシーに関するお願いです。
 
  • 回答は、基本的には、その職業の方(または経験者、相応の知識を有する方など)にお願いしております。
    しかしながら、なかなか回答のつかない質問もあります。
    投稿されてから2週間経っても回答がつかない質問に関しましては、職業などに関係なく、ご回答のご協力をお願いしたいと考えております。
  •  
  • 白書の皆様におかれましては、貴重な時間を割き、子どもたちの質問に丁寧にお答えくださったり、叱咤激励してくださって誠に感謝しております。
    このようなお願いをするのは大変恐縮なのですが、勇気を出してこのサイトに質問を投稿してくれた子ども達に、よりよい情報を提供したいと考える当サイトの運営ポリシーをご理解・ご了承いただけますと幸いです。

もっと教えて!フォーラム 質問 研究者って…

2017/11/19 21:33  里久さん[中学生・女]

[Q] はじめまして里久と申します
私は、自分の知識で人を助けることができる仕事に就きたいと思っています
小5の終わり頃に、地球科学者の方が書かれた児童書を読み、地震学に興味を持ちました
またここ最近では、犯罪心理学に興味があります
ですので、気象研究所や科学警察研究所でのお仕事に興味があります
国の研究機関でお仕事をされている方や、そういった研究をしている民間の研究機関に勤務されている方がいらっしゃいましたら、お話をお聞かせください
また、私の様な夢を持つ学生さんでも構いません
多くの方のお返事をお待ちしております

[A.1]

「国の研究所」で働いたことはないので、仕事の内容や雰囲気を経験したことはありませんが、ある程度近い仕事をしているし、国の研究所の人たちと一緒に働くことも多いので答えてみます。

「自分の知識で人を助けることができる仕事に就きたい」、いい夢ですね。質問に出てきた地震学も犯罪心理学も、〇〇学、という学問です。学問や研究は懐が深くて、研究で人を助けたい、という社会に直接役立つことへの興味から、純粋な学問的興味まで、いろんな興味を受け入れてくれます。どんな仕事にもいろんな魅力はありますが、研究機関の研究者の仕事も、それだけで1冊本が書けるほどたくさん魅力があります。インターネットでもいろんな情報が出てくるので調べてみてください。

国の研究機関の研究者のなり方について、少し情報提供します。(民間の研究機関のことはよく知りません)。いろんななり方がありますが、すべてに共通するのは、さしあたり高校までの勉強をしっかりしておくこと。研究所勤務の研究者は、基礎学力がかなり高い人がとても多いです。

大学では専門を学びます。大学で学んだ専門分野で大体の自分の専門が決まります。地球科学も心理学も科学なので(心理学は文系の学部にあることもありますが、科学=サイエンスです)、学問的な積み重ねが大切で、大学でその分野の専門を学んでいない人が研究者になるのは例外的です。大学でどの分野を学ぶか?というのは、あなた自身で決めてくださいね。

国の研究機関、と言ってもいろいろあって、なり方も研究機関ごとに違います。たぶん一番一般的なのは、大学を出て、大学院に5年間行って博士号を取って、jrecinなどの研究者の就職サイトに出てくる職に応募することです。博士課程を卒業した後に、国の研究機関や大学で「ポスドク」という任期付きの研究職をしながら、正規職員を探すことも多くなっています。今は減ってきているとは思いますが、国家公務員(総合職)に採用された上で研究者として国の研究機関に配属される研究所もあります(この場合は必ずしも大学院に行く必要はありません)。気象研究所の場合は気象大学校(一般の文科省の大学ではない国交省の大学機関で、単なる学生ではなく国家公務員なので給料も出ます)に入学するルートもあります。

実際の研究者は、高校で学ぶ一般的な基礎学力や、大学で学ぶ専門的な基礎学力も大切ですが、「研究のセンス」も大切です。研究は教科書に出ていない未知のこと、答えの無いことに答えを出していく作業で、これには勉強とはまた違った向き不向きがあります。大学の4年生で研究を始めると、徐々に自分の研究に対する向き不向きが分かってきます。「自分の知識で人を助ける」という面では、研究者のほかにも専門的な技術者などもたくさんいます。大学に行けばその分野でどんな仕事があるのか分かってくると思います。