HOME > もっと教えて!フォーラム > 大学受験 > 回答・コメントする(No.12979)

もっと教えて!フォーラム
回答・コメントする(No.12979)

いつも、子どもたちの疑問にお答えいただき誠にありがとうございます。
13hw編集部より、ご回答くださる際のポリシーに関するお願いです。
 
  • 回答は、基本的には、その職業の方(または経験者、相応の知識を有する方など)にお願いしております。
    しかしながら、なかなか回答のつかない質問もあります。
    投稿されてから2週間経っても回答がつかない質問に関しましては、職業などに関係なく、ご回答のご協力をお願いしたいと考えております。
  •  
  • 白書の皆様におかれましては、貴重な時間を割き、子どもたちの質問に丁寧にお答えくださったり、叱咤激励してくださって誠に感謝しております。
    このようなお願いをするのは大変恐縮なのですが、勇気を出してこのサイトに質問を投稿してくれた子ども達に、よりよい情報を提供したいと考える当サイトの運営ポリシーをご理解・ご了承いただけますと幸いです。

もっと教えて!フォーラム 質問 受験科目について

2019/01/17 22:27  小雪さん[高校生・女]

[Q] 以前、九州大学の音響設計科に行きたいとここで書きました。それから色々と調べたところ、物理を取っておかないといけないというようなことをネットで見つけました。受験科目では選択できるようなので化学と生物を受けようと思っていたのですが、物理を2、3年では選択していません。(今は高1)理系には進むのですが、物理を取っていないのは大変ですか?

[A.2]

現行のセンター試験は二科目選択ですけど二次は物理が必須になってませんか?
現在高一のあなたが受験するときは多少なりとも制度は変わると思いますが、受験戦略として対策が難しい物理を避けることはあっても、音響の仕事は物理(と数学)ですから受験に関係なく必携科目だと思いますよ。


ところで先回の質問も見ているのですが、いろいろかみ合っていない気がします。

挙げている音響設計学科は「音の解析」を探求する学科なので、つながる職業は主に音響機器の研究開発や建造物としての空間設計です。
これらは「作品をつくるための機器をつくる仕事」ですが、MAは「機器をつかって作品をつくる仕事」なので学びの目的が真逆です。

MAの仕事は基本的にスタジオ業務ですから、職場はテレビ局や映像制作会社です。
なので「コンサートホール等」にMAの仕事はありません。

もし「コンサートホール等」がライブ演出のことなら、それは「PA」です。
PAの仕事は所属する会社の分類や規模によって仕事の性質やなり方が違うので、別個で考える必要があります。

A コンサートホールやライブハウス等の施設運営会社
B コンサート等の興行(イベント)を企画運営する会社
C コンサートに出演する楽団や劇団


そもそもの話ですが、MAの技術そのものは中高生でも独学で習得できるのですから、単純に技術を習得したいだけなら大学に行く必要はないです。
まさかYouTuberやるために大学行くわけではないですよね。

先に音響設計学科でやることはMAの仕事につながっていないと書きましたが、アカデミックなアプローチで機器や設備の仕組みを理解することは、表現の幅を広げることにつながります。
でも、そういうことは誰かに教えてもらうのではなく自分で気づかなければなりません。
音響の仕事目指すなら受験に関係なく物理は必須というのも同じです。

「大は小を兼ねる」という考え方ができる職業を目指す上で高学歴は強力な武器になりますが、その枠外にある職業ではそうではありません。
目指すものによっては専門学校や高卒就職のほうが良いこともあるし、地域性を重視するほうがよいこともあります。

学校の文理選択はともかくとして、まだ1年くらいは職業のことを調べる時間はあると思います。
「MAがやりたい」ではなく組織の中での役割や到達目標で考えてみると、いろいろ気づくことがあると思いますよ。


どうでもいいですがウチの子供(中三)も似たような分野の仕事を目指してまして、こういうこと話しました。


[A.1]

こんにちは。

九大を受験するとなるとセンター試験+二次試験かと思います。
センターは理科4科目から2科目選べばいいかと思いますが、芸術工?の二次試験では物理は必須科目だと思いますよ。

調べて見た方がよいですし、必須科目なので高校で物理を選択しないとなると自力で勉強しないといけなくなります。

無事に受験合格して進学するとなると、大学物理は高校物理の内容前提になりますので、やはり高校で物理は勉強しておいた方がよいと思います。