HOME > もっと教えて!フォーラム > 自分の感性を追求「ゲーム・アート・デザイン」の仕事 > 回答・コメントする(No.4151)

もっと教えて!フォーラム
回答・コメントする(No.4151)

いつも、子どもたちの疑問にお答えいただき誠にありがとうございます。
13hw編集部より、ご回答くださる際のポリシーに関するお願いです。
 
  • 回答は、基本的には、その職業の方(または経験者、相応の知識を有する方など)にお願いしております。
    しかしながら、なかなか回答のつかない質問もあります。
    投稿されてから2週間経っても回答がつかない質問に関しましては、職業などに関係なく、ご回答のご協力をお願いしたいと考えております。
  •  
  • 白書の皆様におかれましては、貴重な時間を割き、子どもたちの質問に丁寧にお答えくださったり、叱咤激励してくださって誠に感謝しております。
    このようなお願いをするのは大変恐縮なのですが、勇気を出してこのサイトに質問を投稿してくれた子ども達に、よりよい情報を提供したいと考える当サイトの運営ポリシーをご理解・ご了承いただけますと幸いです。

もっと教えて!フォーラム 質問 ゲームクリエイターについて

[Q] こんばんは、with☆です。
僕は、今、高専4年生なのですが、最近ゲームクリエーターに
興味を持っています。
しかし、この職を調べるにつれていろいろ嫌な噂が出てきます
(残業・徹夜が多い 給料が少ない 会社を辞める人が多い
やめなくとも、30,40代が限界 など)
実際のところは、どんなものですか?
また、やめた人はその後どうされるのですか?
^
僕はあまりプログラミングをやったことがないのですが、
今からでも間に合いますか?
いろいろ、多くなってしまいましたが
回答してくだされば、ありがたいです。

[A.2]

まこさん、回答ありがとうございます。
いろいろありますが、やっぱり好きなことをやりたいので、頑張ってみます


[A.1]

こんにちは、with☆さん。
私はゲームデザイナーをやっています。ゲームクリエイターの職の1つですね。
フリーランスですので会社員ではありませんが、いろんなゲーム会社を見てますので、
話せる範囲でお答えします。

まず、労働条件ですが、これは「会社・個人による」としか言いようがありません。
残業をしないで、定時きっかりに帰る人もいますし、
むしろ退社時間になってからエンジンがかかってくる人もいます。
1日の作業ペースは個人に任せられていることが多いので、個人差が大きいです。
ただ、「残業が・徹夜が多い」というのは、まったくのウソではありません。
マスターアップ前になると、徹夜の作業になることはあります。
とはいえ、ゲーム制作は長丁場の勝負です。徹夜ばかりでは続きません。
あくまで、徹夜は追い込み時のブーストだと思ってください。

給料については、他人の給料を聞いたことがないので、わかりません。
私は、私の作業分に関しては、普段は不満に思ったことはありませんが、
大ヒットになったときなどは、もうちょっと欲しいと思ったことはあります。

会社を辞める人は少なくないような気がします。
特に、プロジェクトが1本終わると、辞める人が多いです。
はたから見てても実力不足だな、と思う人は辞めることが多いですし、
また、実力ある人が、他社に転職するのもよく聞く話です。
他業種に転職したり、独立したり、実家にもどったり、さまざまです。
良くも悪くも、人が辞めることに慣れているとは思います。

年齢限界についてはよくわかりません。
少なくとも、30代でバリバリ現場で働いている人は多いです(私もそのつもりです)。
昔は「プログラマ30歳定年説」などありましたが、今そんなことを言う人はいません。
40代、50代になると、現場では見かけなくなりますが、もっと上のポジションにいます。
現場のクリエイターではなくなりますが、偉くなったということでしょう。
まあ、限界を感じる人もいると思いますが、それは年齢のせいではなく、
個人の能力の限界です。20代でも限界を感じている人はいますので。

まあ、「火のないところに煙は立たず」と言いますので、
「残業・徹夜が多い」「給料が少ない」「辞める人が多い」「30代40代が限界」
というのは、まったくのウソではないでしょう。
でも、それに当てはまる人もいれば、当てはまらない人もいます。
「その噂が本当なら、志望はやめておこう」と思っているのなら、
ゲームクリエイターはあきらめたほうがよいかもしれません。

プロフラミングを覚える時期ですが、
with☆さんはおそらくまだ19歳くらいですので、全然間に合うと思います。
私の知り合いには、入社してからプログラミングを覚えたという人も少なくありません。
ただ、社会人になってから覚えるのは、なかなかたいへんですので、
思い立ったが吉日、学生のうちからプログラミングに触れてみるのがよいと思います。
そうすれば、自分がゲームプログラマに向いてるかどうかも、
わかるかもしれません。