HOME > もっと教えて!フォーラム > 仕事分野に迷ったらココ!「その他」の仕事 > 回答・コメントする(No.8304)

もっと教えて!フォーラム
回答・コメントする(No.8304)

いつも、子どもたちの疑問にお答えいただき誠にありがとうございます。
13hw編集部より、ご回答くださる際のポリシーに関するお願いです。
 
  • 回答は、基本的には、その職業の方(または経験者、相応の知識を有する方など)にお願いしております。
    しかしながら、なかなか回答のつかない質問もあります。
    投稿されてから2週間経っても回答がつかない質問に関しましては、職業などに関係なく、ご回答のご協力をお願いしたいと考えております。
  •  
  • 白書の皆様におかれましては、貴重な時間を割き、子どもたちの質問に丁寧にお答えくださったり、叱咤激励してくださって誠に感謝しております。
    このようなお願いをするのは大変恐縮なのですが、勇気を出してこのサイトに質問を投稿してくれた子ども達に、よりよい情報を提供したいと考える当サイトの運営ポリシーをご理解・ご了承いただけますと幸いです。

もっと教えて!フォーラム 質問 国際監査(CIA)の資格について

2010/02/21 06:01  gaさん[中学生・男]

[Q] 「高度な専門知識と技能を持つこの資格の取得者が少ないのが現状だ。」
と、書いてありますが専門知識とはどんなことですか?
また、それはどういう風に学べばいいんですか?

2010/02/26 12:37  gaさん[中学生・男]
[A.2]

詳しい解説ありがとうございます。

本探して読んでみますね^^


2010/02/24 15:01  JuJu-Beeさん[内部監査]
[A.1]

はじめまして、こんにちは。
大人の世界でもまだまだ知られていないCIAについてご存知だなんて、すごいですね!
私は内部監査の仕事をしていますが、知ってくれている方がいる事が嬉しくなってしまいました。

さて、ご質問への回答ですが、日本でCIAが注目されはじめてきた背景のひとつに「金融商品取引法」という法律が制定されたことがあげられます。
「金融商品取引法」は簡単に言いますと、主に上場企業(もっと簡単に言うと、皆さんがテレビのCMで見かけるような大きな会社)を対象に
「会社が正しく会計処理を行っているかどうかを、自分たちでチェックして、報告書を発行してくださいね」
というルールを定めた法律です。
略して、日本版SOX法・J-SOX法と呼ばれています。

実はこのJ-SOX法は、アメリカをお手本として作られた法律です。
アメリカではSOX法と言われています。J-SOX法は「日本のSOX法」という意味なのです。
アメリカではこのSOX法に対応するべく、会社のチェックを行う内部監査の専門資格としてCIAが作られました。
日本でもCIAを取得できればJ-SOX法に対応できるだろう、ということで今、注目を集めているわけです。

これが背景ですが、ここからが肝心の「専門知識って何?」という回答になります。
J-SOX法を含め大企業の内部監査を行うには、まず

1.会計知識
2.経営の知識
3.法律知識
4.ITの知識

4つの大きな知識が必要です。
これは個々のひとつひとつだけでも、専門の職業があるくらい、高度な知識です。
内部監査を行うためには、ふか~く知る必要はありませんが、ひろ~く知っておかなければいけません。
1~4の知識をベースにして、
「この4つはどのような繋がりがあるの?」
「会社の仕事をどういうルールにしておけばOKで、どのような状態だとNGなの?」
ということを知っておかなければいけません。

この「繋がりを知る」というのが「高度な」と言われる理由かと思います。

次にどういう風に学ぶかですが、私はまず先に「コーポレート・ガバナンス」についてを学ぶことをお勧めします。(色々な本がありますよ)
コーポレート・ガバナンスは「企業統治」と訳します。
経営者が健全な経営をし、組織ぐるみで不正が起こらないような仕組みを作ることです。コーポレート・ガバナンスは「繋がりを知る」良い手がかりになります。

そこから
・会社の経営に必要な法律は何?
・会社の経営に必要な会計手続きは何?
・上場企業の経営を行うためのルールってどんなこと?
・会社で仕事をするために使われているITシステムって何かな?
という風に細かく調べていけば、理解が深まるのではないかな、と思います。