HOME > 仕事白書 > てつめっちょさん[栄養士]

仕事白書
てつめっちょさん[栄養士]

ひとこと自己紹介・・・
「切羽詰ると動き出します。」

性別/年齢:
女/37歳
趣味:
映画鑑賞/料理/ショッピング/読書/ペット
タイプ診断:
クリエイティブな努力家タイプ別診断:クリエイティブな努力家

「もっと教えて!フォーラム」での最新投稿(回答・コメント)

美味しい!を応援する
「食べる・飲む」に関わる仕事
栄養士
はじめまして、私は現在栄養士として働いています。 私は大学の食物栄養学科で学び、栄養士になりました。食品栄養科とは異な…

漠然と、手に職をと思っていたが、中学の家庭科の先生に憧れ、先生が栄養士であることを知り、栄養士になりました。

働く場所によっては、多くの人とふれあい、調理をしたり、献立を立てたりします。 食べると言う事は、生きていくために欠かせないものです。睡眠とは違い、自分で何を食べるのか選ぶことが出来ます。良い物を選択するか、身体に良くないものを選択するのかは個人によって異なります。生きるために欠かせないものを学び、自分のためだけではなく、自分と関わる全ての人に、いつでもアドバイスできるようになります。 健康でいるのも、不健康になるのも、食事次第。それを仕事と出来ることが魅力でしょうか。

先ず、専門学校なり、短大・大学なりに行き、栄養士になる道を辿るのですが、学校と社会は全く違うということ。現実と理想のギャップは激しいです。 栄養士は調理師を束ね無くてはならない。そのためには自分が料理を出来なくてはならない!!これが大前提。職場によっては自分一人でお客様の食事を作らなければならない所もあります。 どんなに大きな職場でも、先ずは現場(仕込み・調理・洗浄)からはじまります(多分。私や、私の周りの栄養士はそうでした)現場に慣れ、やっと楽しくなってきた頃に、献立作成や、発注、帳簿の管理などの事務職が始まります。 栄養士は女性が多いので、良い先輩・上司に恵まれることを祈るのみです。 栄養士の属する部署は、立場が低く見られていることもあり、なかなか意見を通すのが難しい現状です。しかし、お客様や患者様からすれば、栄養士の先生、食のスペシャリストなのです。 自分が頑張っている分、お客様や患者様の「ありがとう」の重みに気付けるはずです。

職業関連図

前の職業

登録されていません

→

今の職業

[医療・福祉関連]
栄養士

今の仕事でやりとりの多い職業

登録されていません

登録されていません

作成されたマップはありません。