HOME > 仕事白書 > macotoさん[技術職(製作、据付、メンテ)]

仕事白書
macotoさん[技術職(製作、据付、メンテ)]

ひとこと自己紹介・・・
「技術屋(エンジニア)として、仕事が面白くなってきました」

性別/年齢:
男/38歳
趣味:
オートバイ/旅行・レジャー/読書/DIY・ハンドメイド
キーワード:
中小企業に勤めています
タイプ診断:
世に尽くす情熱家タイプ別診断:世に尽くす情熱家

「もっと教えて!フォーラム」での最新投稿(回答・コメント)

快適な住環境を作る
「建築・インテリア」に関わる仕事
高校中退で建築関係の仕事に就くには
あすかさん、こんばんは。 学校に行けなくなってしまったんですね。 どの道を選ぶのかはこれが正解というのはないので、あ…

舞台機構装置、および環境関連機器の機械設備のエンジニアとして、基本仕様決定後の製作管理、現地への据付工事、調整、メンテナンスを行っています。小規模なものや改修の場合は、自分で設計、製作、工事を行っています。

 小学生の頃から家でテレビ等を修理する祖父の姿を見て、電気系のエンジニアになりたいと思っていました。中学の時から電子工作をして楽しみ、高専、大学と電気工学を勉強してきました。 大学院を中退後、地元に戻って就職活動をしている時、登録していた人材紹介会社から、今の会社の紹介がありました。機械の製作やメンテナンスで電気系の知識が生かせること、中小企業で仕事が細分化されておらず、幅広く仕事に関われることが自分の理想に近いと感じて、今の会社に入り仕事をはじめました。

 モノづくりが好きなのでこの仕事をやっているのですが、実は仕事をやってて一番よかったなと感じるはお客様から言われる「ありがとう」です。お客様から「こんなことで困っている」「こんなことができないか?」と相談を受け、知恵を絞り、試行錯誤して、それを解決、実現できた時はとてもうれしいです。また、工事が完了した時や、機械がきちんと動いた時の達成感も魅力です。  また、私の仕事に対する考えが、自分がたずさわるなら製品の最初(打ち合わせ、設計)から最後(メンテ)まで見たい思っていたので、中小企業ゆえに製品に幅広く関われる今の仕事は魅力です。

 私は電気系の知識を持ってこの仕事に入りましたが、仕事をする上では、自分の専門分野はより深く、そして周辺分野はより広くモノづくりに関する知識や技術が必要になり、会社に入ってからたくさんのことを勉強・経験していきます。  技術屋(エンジニア)として、好奇心を持っていろんな知識・技術を吸収して常に自分を向上させ、情熱を持って問題を解決できるようになる事が重要かなと感じています。

職業関連図

前の職業

[医療・福祉関連]
システム・技術サポート系

→

今の職業

[その他(自動車・機械・造船メーカー)]
技術職(製作、据付、メンテ)

今の仕事でやりとりの多い職業

[建設・土木]品質管理・生産管理

[舞台]システム・技術サポート系

[造船重機・プラント]品質管理・生産管理

[その他(素材・アパレルメーカー)]機械オペレータ

[NPO]循環型社会を目指して活動

登録されていません

作成されたマップはありません。