HOME > 仕事白書 > いつもありが豚® [白石スワイン]さん[畜産農業]

仕事白書
いつもありが豚® [白石スワイン]さん[畜産農業]

ひとこと自己紹介・・・
「蔵王の老舗養豚場の広報担当のんです。」

性別:
趣味:
料理/グルメ/健康・美容/インターネット
タイプ診断:
真理の探究者タイプ別診断:真理の探究者

養豚業です。 ありが豚「黒」・・・蔵王黒豚 ありが豚「赤」・・・霜降三元豚  宮城県の農場で、生産者一同、雨の日も雪の日も、一頭一頭へたっぷりの愛情を注いで育てています。 消費者の視点での「感謝の気持ち」と、大切な豚への「より優しい育て方」を、生産者として日々追求しています。3代続く老舗養豚場です。 独自の竹炭飼育、活性水を用い、飼育の決定打、1)血統 2)飼料 3)環境に徹底した飼育を行っています。

■生き物と環境に優しい畜産農業に興味がありました。 生産者として愛情を持って大事に育てた豚が、最後まで皆様に大事にしていただけるように、 消費者との「つながり」をより大事にしたいと感じたことがきっかけです。 ■同時に、農業と福祉の共栄を目指しています。

■生き物の成長過程に喜びがある ・安全、安心を基本とした飼育過程で、家畜が健やかに育ち、日々その満足げな表情をみることが、仕事に対する更なる励みにつながります。 ・又、「食育」といった視点から子ども達の「食への意識」を高め、同時に「命」に対する感謝の気持ちを育みたいと思っています。 ■お客様に喜んで頂く ・代々養豚業を営み、健康に良く質の高い豚肉を追求してきました。農場で愛情を込めて育てた豚が、お客様のお役に立てた時が喜びです。 ■生産者としての追求  定年のない職業です。仕事に対し取り組めば取り組んだだけ積み重なっていく仕事です。  現在以下の事業に取り組んでいます。 ・健康的な「食」を必要とされる方へのお届け「お取り寄せ配達」 ・障害をお持ちの方の雇用の推進

■大自然と付き合いながら生き物と関わり、5感(目・耳・鼻・舌・手)で働く喜びを感じることの出来る仕事です。 ■以下3点をベースに、日々張り合いをもって業務に取り組んでいます。 ・生き物とお客様への「責任」 ・生き物とお客様への「感謝の気持ち」 ・生産者としての「役割」、それらを踏まえた「社会貢献」

職業関連図

前の職業

[医療・福祉関連]
ソーシャルワーカー・ケースワーカー

→

今の職業

[農業]
畜産農業

今の仕事でやりとりの多い職業

[食品]宣伝・広報

作成されたマップはありません。