HOME > 仕事白書 > kーkさん[司法書士]

仕事白書
kーkさん[司法書士]

ひとこと自己紹介・・・
「地域の方々とふれあいながら仕事してます。」

性別/年齢:
男/38歳
キーワード:
独立・起業しました

「登記(とうき)」という言葉はあまり聞きなれないかもしれませんね。皆さんの持ち物には「自分のものだよ」と名前を書かれている事が多いと思います。名前を書かないと、誰のものか分からなくて、喧嘩になることもありますからね。実は建物や土地にも自分の名前を書けるんです。勿論、建物にマジックペンで書くわけではありません。登記簿(とうきぼ)という国が作った書類(データ)に自分の名前を書き入れるのです。この作業は、簡単そうに見えて多くの法律の知識が必要で、自分ひとりで行うには大変だったりします。そこで、活躍するのが司法書士。その人の代わりに、名前を入れる作業を行い、その人には、安心して、建物や土地を使ってもらう事ができます。勿論、その他にも様々な仕事がありますが、一括りで言えば、無用な喧嘩を避ける作業(これを予防法務(よぼうほうむ)と言います)を中心に行う仕事が司法書士なのです。

以前は地元の金融機関で営業マンとして働いていました。実は銀行の仕事と司法書士の仕事は一緒になる事が数多くあります。そこで、多くの司法書士の方々に出会い、仕事の内容を聞き、その仕事にあこがれて、目指しました。

司法書士は、「くらしの中の法律家」として、地域の方々と気軽に様々なお話をお聞きすることができます。その人の「悩み事」や「お願い事」について、自分が勉強して手に入れた知識を使って、アドバイスや手続きをすることで「助かったよ!」と言ってもらえる事。そのとき、本当に幸せな仕事に就いた!と感じることができます。

弁護士さんと違って、度々ドラマに出る仕事ではありません(笑)でも、時には弁護士さんと協力して仕事をしたり、時には弁護士さんと同じような仕事をしたりします。法律を使った仕事というのは、「決められた「ルール」をキチンと理解して、他人と「折り合い」をつける事」を手助けする仕事だと思ってます。つまり、人間関係を作る事が好きな人には向いている仕事だと思います。勉強もとても大切ですが、まずはそこから僕らの仕事に興味を持ってくれると嬉しいです。

職業関連図

前の職業

[その他金融]
営業(個人向け)

→

今の職業

[司法関連]
司法書士

今の仕事でやりとりの多い職業

登録されていません

登録されていません

作成されたマップはありません。