HOME > 仕事白書 > 耕介さん[医師]

仕事白書
耕介さん[医師]

ひとこと自己紹介・・・
「精神科の医師ですが、転勤が多くて精神科医療以外の仕事も担当する時期もあります。」

性別:
趣味:
旅行・レジャー/インターネット
キーワード:
海外留学の経験あり
タイプ診断:
規律ある遂行者タイプ別診断:規律ある遂行者

「もっと教えて!フォーラム」での最新投稿(回答・コメント)

自動車・電車・飛行機など
「乗り物」に関わる仕事
女性でパイロットになるというのは変ですか…
他人がどう思おうと、あなたの人生の主役はあなただけ。他人はあれこれ言っても所詮は他人事です。あなたの人生に責任を持っては…

精神科の医師(精神保健指定医)で、精神疾患の治療をしています。また自殺の防止活動にも携わっています。

医師になろうと思ったのは私が中学生の時に母親が心臓疾患で手術を受けて助かったから。でも大学受験の時は現実に直面して医学部以外の学部もいくつか受けました。ただ受かったのは医学部1校だけで、結果としては医学部以外に選択の余地がありませんでした。

精神科以外の科は画像や検査データで診断をつけますが、精神科は機械的な検査で正確な診断はできません。本人や家族、職場の上司等から提供していただいた情報次第で診断が違ってくることがよくあります。その分、診断する医師の人間的な懐の深さや信頼度が医療の成果に直結してきます。人と接する深みが必要とされる医療分野である点が大きな魅力です。

医学部に合格するためには数学や理科をしっかり勉強すること、精神科医を目指したいなら苦労を一杯する(色々な人生経験を積む)意味で、苦手な友達付き合いや苦手な大人との共存共栄も避けずに経験してみることが大切。他科は勉強だけでも科学的な意味での医療の成果は出せますが、精神科は知識が一杯あるだけではすぐに壁にぶち当たります。悩みや挫折の経験は貴重ですね。

職業関連図

前の職業

なし

→

今の職業

[医療・福祉関連]
医師

今の仕事でやりとりの多い職業

[医療・福祉関連]医師

[公社・官庁]航空自衛隊

[医療・福祉関連]接骨医・柔道整復師

[医療・福祉関連]精神科医

[医療・福祉関連]精神医学ソーシャルワーカー

登録されていません

作成されたマップはありません。