HOME > 仕事白書 > あだもちゃんさん[弁護士]

仕事白書
あだもちゃんさん[弁護士]

ひとこと自己紹介・・・
「北海道の過疎地で弁護士をしております。」

姓名:
足立 敬太
性別/年齢:
男/47歳
現住所/出身地:
北海道/愛知県
趣味:
グルメ/自動車・ドライブ/ゲーム/インターネット/ギャンブル
キーワード:
独立・起業しました/人材を募集中
タイプ診断:
冷静な実力者タイプ別診断:冷静な実力者

「もっと教えて!フォーラム」での最新投稿(回答・コメント)

社会の秩序を守る
「法律」の仕事
自信が持てない・・・。
>私が検察官になれたとしてももし家族、友達が相手だったらちゃんと公平な目で物事を見つめられるかの自信がありません。 …

民事上のトラブルや家族内の紛争の解決の道筋をつけたり、あるいは本人に代わって代理をしたり、将来トラブルが起きないようにアドバイスをしたりします。 刑事事件においては被疑者・被告人の弁護をします。時には不当な身柄拘束に対して権力と闘い、また傷ついた被害者に対しては被疑者らの謝罪を伝えたり被害弁償・慰謝料などの交渉をしたりします。 私の場合、一般の弁護士と異なり、弁護士がいない過疎地へ赴いて弁護士活動をしているというのが特徴です。当地には私以外弁護士がおりません。

もともと大学時代は政治に興味があったのですが、法律を勉強するうちに法律を使って人を助ける仕事に携わりたいと思ったことがきっかけです。

事件処理の方針にしろ、事務所経営にしろ、これから進みたい道にしろ、自分で全てを決めることができる。同じ法律家である検察官、裁判官などと一番大きく異なる魅力です。

弁護士を目指す上でいろいろ困難にぶつかることもあるでしょうが、あなたが弁護士になって出会う人たちはもっと困難な状況にぶち当たってあなたに助けを求めてくるのです。自分の困難を打破できない人に、他人の困難を救うことなど無理ですよね? 弁護士という仕事は一生をかけるのにふさわしい仕事ですよ。

職業関連図

前の職業

[外食]
販売スタッフ・接客

→

今の職業

[司法関連]
弁護士

今の仕事でやりとりの多い職業

[司法関連]裁判官

[司法関連]検察官

[医療・福祉関連]保健師

[医療・福祉関連]ソーシャルワーカー・ケースワーカー

[不動産・マンション]土地家屋調査士

作成されたマップはありません。